理念、運営方針、沿革

理念

【発展する宝塚の地域医療を担います。】

初期総合診療、救命救急の為の急性期医療、並びに高齢化社会に対応した慢性期老人医療等。

【Human Medical Communication】

健康管理、疾病の予防、早期発見につながる『チーム医療』 を目指します。

運営方針

健全な経営の上に成り立つ健全な医療

患者様のための親切な言葉遣いとサービス

信頼される医療技術の提供、全人的医療をめざす

沿革

昭和23年 児玉医院を宝塚市川面に開設
昭和37年 児玉診療所を開設(19床)
昭和45年 児玉病院を開設(55床)
昭和56年 児玉病院を増床(110床)
平成8年9月 医療法人社団それいゆ会に改組
平成9年1月 ひかり訪問看護ステーションを開設
平成12年4月 それいゆ居宅介護支援事業所を開設
つばさホームヘルプサービスを開設
平成13年4月 こだま病院(110床)を宝塚市御殿山に新築移転開設
児玉診療所(19床)を開設
平成15年11月 それいゆケアプランオフィス開設
(それいゆ居宅介護支援事業所より名称変更)
平成16年7月 グループホーム「かわも」を開設
平成16年9月 児玉診療所デイケア「あけぼの」を開設
児玉診療所デイサービス「のどか」を開設
平成19年7月 小規模多機能型居宅介護「せせらぎ」を開設