リウマチ科

診療内容

関節リウマチ(以下「リウマチ」)は全身の炎症性自己免疫疾患ですが、主に手足の関節が侵される病気です。リウマチによる関節の炎症を放置していると、関節が変形したり固まったりして骨や軟骨が壊れてしまいます。残念ながら原因が不明なため確たる治療の決め手がなく、一生この病気との付き合いを余儀なくされます。

しかし最近では、治療薬も格段に進歩していますので、治療効果をあげるためにも早期診断・早期治療が重要です。当院にはリウマチ・関節外科の専門医が常勤しており、関節リウマチの最先端の生物学的製剤治療やリウマチ患者の関節手術を行っております。代表的な膝・股関節に対する人工関節置換術をはじめ、手指や足趾の変形を改善する手術を行っており、多くの患者さまを長年の苦痛から解放しております。

人工関節置換術は、関節機能を回復させるための治療法として確立された手術の一つになっています。さらに最近では、患者さんへの負担をより少なくする低侵襲による人工膝関節置換術(MIS)という技術が、人工膝関節において飛躍的な発展をとげています。関節リウマチでお悩み方または関節リウマチかなと心配されてる方は、どうぞお気軽にご相談ください。

対象となる疾患

関節リウマチ

診療時間と担当医

児玉診療所
午前診 9:00〜12:00    藤井            
夜診 17:00~19:00             古満   
 
こだま病院
午前診 9:00〜12:00 藤井    藤井    藤井 藤井
午後診 14:00~16:00