内視鏡検査 経鼻

鼻からの内視鏡検査の特徴
1)吐き気が少ない
2)検査中に話ができる

検査の進め方

Step1【問診】危険を避けるための事前チェックです

こんなことをお聞きします
・薬のアレルギーはありますか?
・鼻血がよくでますか?
・血液をサラサラにする薬を飲んでいますか?

Step2【前処置】消泡剤を飲みます

胃の中の泡を取りのぞき、胃の壁をきれいにするために、消泡剤 ( やや苦目の白い液体です ) を飲みます。
※これは口からの胃内視鏡検査の場合も同じです。

Step3【前処置】鼻腔に局所血管収縮剤をスプレーします

鼻腔の血管を収縮させます。出血しにくくするとともに、鼻のとおりもよくするために行います。
スプレーは風がシュッと入るような感じで、ほとんど痛みはありません。

Step4【前処置】鼻腔に麻酔薬を注入、局所麻酔を行います

小さな注射器で麻酔薬を鼻から注入します。
局所麻酔ですから眠くなりません。

Step5【前処置】麻酔薬を塗ったチューブを挿入

通り道 ( 中鼻道など ) がもともと狭い場合や、花粉症などでむくんでいる時、細くてやわらかいチューブにゼリー状の麻酔薬を塗り、鼻腔に挿入して局所麻酔を行います。
鼻の穴の痛みが抑えられ、内視鏡の通りがスムーズになります。
チューブは内視鏡と同じ細さです

Step6【検査】鼻から内視鏡を通します

通りやすい側の鼻から内視鏡を挿入します。

Step7【検査】胃の中を見ます

食道、胃、十二指腸の順に観察していきます。口は自由になっていますから、先生に質問もできます。

Step8 検査が終わったら

眠くなる麻酔は使わないので、当院では検査後1時間は安静にて様子を観察させていただきます。また生検した場合は2時間の安静となります。
原則、眠くなる注射はおこなわないので、お車の運転もできます。