糖尿病代謝内科

診療内容

糖尿病とは、『糖代謝の異常』です。
取り入れたブドウ糖が大量に体内に余ってしまい、血糖値が高くなり、尿にも流れ出てしまいます。通常は、ブドウ糖が細胞内に入ってエネルギーに変わりますが、それが正しく処理(代謝)ができない状態なのです。
つまり、血糖を下げてくれる膵臓で作られるインシュリンが欠乏したり、インシュリンが十分作用していない為血糖値が上がってしまい糖尿病が発症します。
糖尿病は成人の場合ほとんどが2型糖尿病ですが、遺伝的素因に加え、食生活の乱れ、運動不足、肥満などの生活習慣病が密接に関係します。
血糖値の高い状態が長時間続くと、眼、腎臓、神経、血管など、多くの臓器に障害をもたらします。これらの合併症を予防し健康的に過ごせる時間を長くすることが治療の目標となります。
こだま病院内科では糖尿病の診断、治療や発症予防のため相談を承っております。
お気軽に受診してください。

対象となる疾患

糖尿病

診療時間と担当医

こだま病院
午前診 9:00〜12:00 野村 野村 野村
午後診 14:00〜16:00 野村
児玉診療所
午前診 9:00〜12:00
夜診 17:00〜19:00 古満

野村 俊之(のむら としゆき)副院長

dr_toshiyuki_nomura

診療科

内科

専門分野

大学病院および関連病院では肝胆膵疾患の診断、治療が専門でした。
当院では肺炎などの感染症、糖尿病から心不全まで内科全般の診療をしています。

プロフィール

大阪医科大学卒業
医学博士
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

趣味

読書、音楽鑑賞、テニス

メッセージ

当院に赴任して早10年余りが経ちました。今後も地域医療のために皆様のお役に立てれば幸いです。内科疾患に関わらず何でも気楽に相談してください。