診療報酬改定に思う        6.27UP

2016年度診療報酬改定におけるお薬に関する改定内容を紹介します。

ひとことで言うと、‟無用な薬を減らしていこう”というものです。

実態として
・複数の医療機関で重複して薬をもらっている。
・症状が治まったのに飲み続けている。
・飲み忘れたり、きっちりと飲めていない。
・種類が多すぎて飲めない。
・たくさん飲んで副作用が気になる。
などのお声が患者さまからあがっています。

これらのお声、疑問におこたえすべく、当院薬局でも医師と連携し適切な薬物療法ができるよう以前よりまして取り組んでいます。
また薬を減らすことは、薬による有害事象を減らすだけでなく、年間500億円にものぼるといわれる飲み残しなど医療費の削減にもつながります。

お薬に関する疑問、不安などございましたらお気軽にご相談ください。

こだま病院 薬局