我が家の熱帯魚ベビー       5.29UP

最近、うちの家で飼育している熱帯魚の中で、いつの間にかペアが出来ていて卵から稚魚が孵りましたのでご紹介させていただきます。
「シクラソマ フェスティバム」という熱帯魚で、長い胸鰭、目の横辺りから斜めに入る
ラインとどことなくかわいい風貌が特徴的な魚です。最大全長約15cm程度の大きさになります。名称未設定-1今思えばこの二匹は常に寄り添う形で泳いでいたり、近づいてくる他の魚を追い払うようにしていたので、その時点でカップルが成立していたのだと思います。

卵は通常は流木など水草に産みつけられるのですが、うちではまさかの水槽ガラス面につくコケ掃除器具に産みつけられていてびっくりしました。名称未設定-2卵は親魚達が他の魚から食べられないように守っていますが、この環境では育たないと判断すると自分達で食べてしまう習性があるので、早めに別の容器に移して卵が孵化するのを待ちました。

孵化した稚魚のお腹には丸い膨らみがあります。
この丸い膨らみ部分はヨークサックといい稚魚に必要な栄養分が入っていて暫くはこの栄養分で成長しますが、これが消化されると餌を取るために活発に泳ぎだします。

この稚魚達の餌は稚魚より小さいもので、しかも冷凍のものではなく生きた餌でないと食べてくれないのでブラインシュリンプというものを与えます。
これの卵がペットショップに販売されていて専用の器具に水を浸し、そこに適量の塩を混ぜて卵を入れて、後はエアーを送っていると約20時間程度で卵からブラインシュリンプの幼生が孵るのでそれを稚魚に与えます。
この餌を食べている期間は1ヶ月半程度でそこからは人工飼料(粉状、粒状)のものを食べてくれるようになりますのでかなり飼育が楽になり、今では赤虫を食べられるくらいに大きくなりました。
現在の体長は2cm程度あり親魚と同じような姿になりはじめ、斜めのライン模様がはっきりと出てきています。以前、ディスカスについてUPさせていただきましたが、今度はディスカスにもベビーが誕生してくれたらなと思っております。
皆様も一度、熱帯魚や金魚や生き物を飼育してみませんか?色々な発見があって楽しいですよ。  名称未設定354

放射線科 Y,M