絶景を求めて           10.17UP

10/8(日曜日) 連休を使い和歌山県南部に旅行に行ってきました。
今回は自然豊かな和歌山の景色を皆さんに紹介していきたいと思います。

まず初めに本州最南端で有名な潮岬。
「望楼の芝」の先には本州最南端と書かれた石碑。

そして目の前には雄大な太平洋と水平線!

名称未設定-1

近くにある「潮岬観光タワー」は300円で展望まで登ることができ、
その展望からはより雄大な太平洋と水平線を臨むことができます。2

次に日本一短い川である、「ぶつぶつ川」。
ぶつぶつ川は那智勝浦町下里にある川で、わずか13.5メートルしかありません。

実際に足を運んでみると、「これが川…?」と思うほど短いです。

しかしとても澄んだ水が流れており、心地よい冷たさでした。名称未設定-3

最後は大本命「那智の滝」。
那智の滝は日本一の落差(133メートル)を誇り、日本三大瀑布の一つです。

そんな那智の滝へ行くおすすめルートは大門坂を上がっていく方法です。
大門坂とは熊野古道であり、登り口には樹齢約800年と言われる
夫婦杉(めおとすぎ)がお出迎えしてくれます。

全長600メートル、高低差100メートルの苔むした石段と木々が
熊野詣で栄えた当時の面影を色濃く残している観光名所です。
また雰囲気を味わいたい方は平安衣装体験も是非!4

滝については説明するよりも見てもらうほうがいいかもしれません。
言葉では表せないものがそこにはあります。
ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。5

放射線科 M