「花の日」~子どもたちがきてくれました~                  6.9UP

6月の第2日曜日は、「花の日」です。
19世紀のアメリカで、子どもたちが神さまに感謝の気持ちを表すのにふさわしいものとして、花を飾ったことから始まりました。
この「花の日」は子どもたちが花を集めて、花束を作り、日頃お世話になっている人や、施設などに届ける習慣があります。

6月6日、近隣の保育園の園児たちが、当院にも花束と絵を届けてくれました。
小さな園児たちが並んで訪れる姿やその声はとても可愛らしく、穏やかな気持ちにさせてくれました。
居合わせた職員はもちろん患者さまからも優しい笑顔がこぼれておりました。

その場の空気を明るく優しいものに変える子どもたちの存在は私たち大人にとってかけがえのないものだと感じました。

いただいた花束と絵は、院内に飾らせていただきました。

ありがとうございました。

花の日2017
事務 N