初めまして、こだま病院コンシェルジュです。(2015.3.20 up)

初めまして、こだま病院コンシェルジュです。
ホテルであらゆる要望や案内に対応するコンシェルジュ。
「総合お世話係」の職名です。
昨今では病院、デパート、駅でも見かけられるようになって来ました。当院でも患者様へのきめ細やかなサービスを目指して、平成24年に導入されました。

私達3名が第一期生としてスタートし、3年目を迎えます。
医療現場で私達コンシェルジュが出来ることは何か?それを追求すべく、日々切磋琢磨しながら努めております。『全ては患者様の笑顔のために』その言葉を胸に抱き、応対させて頂きたいと思います。

病院というのは、健康診断以外は体調が優れない時に訪れるところです。患者様の不安を少しでも取り除いてさしあげ、診察室に入って頂きたいのです。
ご本人はもちろんのこと、家族様にも安心して受診して頂けるよう心掛けています。
ご気分が悪い方、ケガで身体が不自由な方はご遠慮なく私達に何なりとお申し付け下さい。
患者様が少しでも院内で安心して頂けるよう、そして治療に専念して頂けるよう、お手伝いさせて下さい。

また当院では、CS向上委員会を立ち上げ、各部署から委員が集まって話し合いをしています。
患者様から選ばれる病院を目指し、サービスの向上に取り組んでいます。
その取り組みのひとつとして、 11月に敷地内に芝桜を植えました。訪れて下さった患者様にご覧頂き、少しでも心の栄養にして頂ければと、スタッフの寄付で実現したものです。

芝桜の花言葉は「一致」です。小さな蕾が開花して広がって行くように、スタッフ全員の無限大の可能性を繋げ、一致団結して頑張って行きたいという願いが込められています。芝桜とともに、私達も成長し続けて行きたいと思います。

今、愛らしい小さな花が少し咲き始めました。このブログでは「芝桜通信」として、これからの成長の記録を綴って行こうと思っています。
ご来院の際には、ぜひ足を止めてご覧頂ければ幸いです。
最後に、私達コンシェルジュは『患者様の心の声に耳を傾ける』その想いを胸に、今日もロビーでお出迎えしております。
芝桜