院内勉強会(2015.11.09 up)

本日(10月28日)は内科:野村副院長より肺炎についての講義を受けました。
30分という短い時間の中で、凝縮された分かりやすい内容でしたので、
肺炎に関する知識が増えました。
以下、勉強会の内容を少しご紹介させていただきます。

一口に“肺炎”といっても細菌性肺炎(肺炎球菌など)やマイコプラズマ肺炎、
誤嚥性肺炎など多種に渡り、年齢や症状によって異なるのでパターンで考える事が肝要との事でした。
また診断のため、抗菌薬投与前に喀痰の検査をする事の大切さを学びました。
その他、病名を探る上ではこの痰を採る事がすごく重要になってくるので、
採痰前にはうがいを3回し、良質な痰を取る事が良い診療に繋がる事を理解いたしました。 

今後、宝塚を含む阪神北地区は高齢者の増加が見込まれ、
それと共に肺炎患者も増加していきます。
尚、当院では肺炎球菌ワクチンの接種を行っております。
ご不安の方、気になる方はお問い合わせください。
詳しくはこちらをご覧ください。

事務部 M.I