第1回ABIハンズオンセミナーが当院で開催されました

(ABIとは、足関節上腕血圧比のことです)

9月1日に循環器内科部長として着任しました岡島Dr.のお声掛けで
上記講座が当院で開催されました。

10月24日土曜の午後、当院のコ・メディカル15名が講義を拝聴した後、
実技を楽しく、和気あいあいと行いました。

メタボ体型、高血圧の私も他人事ではないので、危機感を持って参加いたしました。
患者様にも侵襲の少ない検査ABIの有用性をしっかり認識できました。
予防医学の第一歩としてのABI検査を確実に効果的に出来る事は大前提であり、そこから生活指導へとつなぐ事ができ、健康寿命を伸ばす為の啓蒙をしていけたらと思いました。

循環器病の心疾患や脳血管疾患はがんとともに日本人の死因の上位を占めています。
この10月23日に国立循環器病研究センターとサッカーのガンバ大阪は、循環器病の啓発活動で包括連携協定を結んだと新聞に載っていました。

加齢、生活習慣からくる動脈硬化の早期診断・早期治療の為に、地域の皆様も
お気軽に当院のスタッフにお問い合わせください。
 

レポーター:看護師 生山

セミナーの様子は院内ブログでもご覧頂けます。
院内ブログはこちら