地域包括ケア病棟を開設しました

急性期治療後の在宅復帰に向けた医療や支援を行うため、平成26年10月より医療療養型病棟を地域包括ケア病棟(4F病棟:55床)へ転換いたしました。

地域包括ケア病棟とは?

急性期治療を終えて、すぐに在宅や施設等へ移ることに不安があり、もう少しの入院治療で改善が見込まれる患者様や、自宅や施設で急変された患者様の受け入れを行い、在宅や施設への復帰に向けた治療・看護・リハビリをおこなう病棟です。

地域包括ケア

どんな場合に利用するの?

  • 入院治療により症状が改善したが、当院にてもう少し経過観察が必要な方
  • 入院治療により在宅復帰に向けてリハビリが必要な方
  • 日常生活に不安を感じ、様子を見ながらご自宅へ帰る準備を進めたい方

※急性期病棟から地域包括ケア病棟については、主治医が判断いたします。

入院期間は?

状態に応じて入院期間は調整しますが、60日を限度としております。

入院費については?

入院費は「地域包括ケア病棟入院料」を算定し、包括制となりますが、年齢や保険の種類などにより、ご負担金は異なりますので、詳しくは医事課までお尋ねください。

※その他、ご不明な点がございましたら、ナースステーション、地域医療連携室、医事課へお尋ねください。