National Clinical Databaseの会員となりました

こだま病院は一般社団法人National Clinical Database(NCD)の施設会員となりました。

NSDは国内で行われている手術・治療情報を保有するデータベースです。

専門医申請のための症例実績を証明するインフラとして活用されているだけでなく、手術成績からみた、医療評価にも使用され始めています。

今後、こだま病院もNSDの会員として貢献して参ります。