市民健康講座2015 足にも起こる動脈硬化!

11月3日(火・祝)大阪市中之島公会堂で、当院の循環器内科部長:岡島年也先生が市民健康講座を開催いたしました。
当講座は足の動脈に起こる血管病である閉塞性動脈硬化症(ASO)について、1人でも多くの皆様に病気を知ってもらうと共に、自分の足で一生涯歩く事を目標に行っております。

ASOについて講演される岡島先生(写真提供=血管疾患をともに考える会)

市民健康講座を受け、自分でも可能な治療法が3つございましたのでご紹介させて頂きます。
 
①運動療法
私が日々の生活で取り入れている方法は毎日自宅から最寄り駅を歩くことです。
昔は自転車で駅まで行き、自転車置き場に停めておいたのですが、数年前から料金をとられるようになりました。
徒歩で行くことで1ヵ月2,000円、年間24,000円の節約ができています。
この額なら2020年オリンピックの行われる東京にスカイツリーを見に行くなど東京観光ができそうです。
 
②禁煙
私は非喫煙者で煙草を購入する事がありません。
なので現在の煙草(セブンスター)の価格を見て驚かずにはいられませんでした。
私が物覚えのついた頃は220円だったのに今や倍の440円です。
私が喫煙者となり、1日1箱を吸うようになると年間を通すと約16万円になります。
禁煙を続ける事でハワイ旅行にペアで行けそうな額です。
生憎、一緒に行く人はいませんが・・・。

講演中の様子(写真提供=血管疾患を共に考える会)

運動療法や禁煙は面倒臭く、嫌な想いもされると思いますが、
日々の生活に少しでも取り入れていく事は健康の為に良いだけでなく、
家族サービスもでき、一挙両得になる事が分かりました。
 
③フットケア
足の健康を保つためには自分に足に合った靴を履く事が最も重要だと伺いました。
お話の中では正しい靴の選び方を意外と知らない方が多いそうです。
実際、私も靴を購入する際はデザイン重視になります。
アウトレットやバーゲンでお気に入りの靴を見つけるですが、
自分の足には合わないこともしばしばあります。
多少の誤差は許容範囲と思っておりましたが、足への負担を考えると
自分の足に形に合った靴を選ぶ事が健康の為には良い事を理解しました。
自分の足を知るという点で足のサイズ測定会が百貨店やPOSC(ポスク)さん
などで催される事もあるそうなので、機会があれば参加しようと思います。

テーブルディスカッションの様子(写真提供=血管疾患をともに考える会)

次回、岡島先生が講演される市民健康講座は来年10月に開催予定と伺っております。
ご都合がよろしければ、ぜひ市民健康講座にご参加ください。
 
尚、市民健康講座の様子は院内ブログからでもご覧頂けます。
院内ブログはこちら