褥瘡の治療について

褥瘡(じょくそう)とは、寝たきりなどによって、体重で圧迫されている部位や摩擦などが頻繁におこる部位の血流が悪くなることで、皮膚に傷などの障害がでてしまう病気です。
一般的に「床ずれ」ともいわれます。
場合によっては骨まで到達してしまい、難治性となることがあります。
当院では、入院される患者さまに褥瘡ができている(または出来かけている)ことがあります。
治療しなければならない病気とともに、褥瘡の評価と管理と治療をしっかりおこなうことで 拡大や創傷感染を予防しています。また、治療の一つである陰圧閉鎖療法 「PICO®創傷治療システム」を取り入れることで創傷処置の促進が図れ、 入院期間の短縮化と患者さまのQOLの維持向上に役立つと考えています。
お困りの褥瘡があれば、外来での通院治療も可能ですので対応致します。
img_1023