内視鏡外科手術システムについて

当院では、手術件数の増加(内視鏡下手術件数の増加)にともないフルハイビジョン映像などの内視鏡外科手術システムおよび手術器具を最新のものへと一新しました。
近年の外科手術は、主流であった開腹手術から患者さまの体に侵襲の少ない腹腔鏡下手術がガイドラインの適応拡大にともない増加しています。

この手術は、体へのダメージを大幅に低減するだけでなく、早期回復が見込まれ、患者さまのQOLを良いものへと導く方法と考えられます。
知識の習得と手技の向上はもちろんのこと、より安全で確実な手術をおこなうため最新の手術機器へと移行しました。
外科チームはこれからも患者さまに満足いただける質の良い治療を目指していきます。

visera-elite