第9回病院広報誌 春号

昨年の診療報酬改定では医療の機能分化と在宅志向の方針が一層濃くなり、地域包括ケアシステムの構築が強く求められています。
当院もこれまで以上に急性期治療の質の向上と新設した地域包括ケア病棟の役割を全うする事で貢献していきたいと思っております。
今後も、さらに病病連携、病診連携をシームレスに行ってまいります。

PDF版はこちら

vol9_2015_1

vol9_2015_2

vol9_2015_3

vol9_2015_4