各部署の紹介

3F 一般病棟(急性期) 副師長 佐仲未希

sanaka

当病院は、内科・外科・整形外科・泌尿器科の混合病棟です。
急性期から終末期までの看護に取り組んでいます。

病床数は55床で、緊急入院や当日入院・手術もあり、活気のある病棟です。
看護体制は、7:1でスタッフも充実しており、忙しい業務の中でもやりがいをもって仕事に取り組んでいます。

ワークライフバランスに考慮し、ママさんナースも活躍できる体制を整え、若いスタッフから幅広い年齢層のスタッフが働いています。

一人ひとりの患者さんとご家族のコミュニケーションを大切にし、医師やコメディカルと協力しながら安心して療養していただけるようやさしい看護を心がけています。

“この病棟に入院してよかった”と思っていただけるよう地域の皆様から信頼される病棟を目指したいと思っています。
また、日々進歩する医療と共に要求される専門的知識・技術の向上に努めています。
3階スタッフ

4F 地域包括ケア病棟 看護副部長兼看護師長 山本奈美

nami_yamamoto
平成26年10月1日より、4階病棟が医療療養型病棟から地域包括ケア病棟に変更になりました。
急性期治療後、病状が安定した患者様へ、在宅を中心とした復帰に向け、医療及び看護を行う病棟です。

在宅での療養や、施設入所に不安を抱えておられ、もう少し入院・リハビリを希望される患者様に当病棟を利用していただき、安心して退院できるよう支援していきます。

スタッフは20代から60代までと年齢層も幅広く、又、経験豊富な看護師も多く勤務しています。
何でも相談できる雰囲気で、それぞれが生き生きと業務に励んでいます。
「真心のこもった看護」をモットーに、患者様のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)の向上に努めています。
4階スタッフ

外来 看護師長 湯村直子  副師長 浦島真理子

yumura_urashima

外来には、看護師・クラーク・検査技師が所属しており、それぞれ診察介助・処置・健診・内視鏡介助などの業務を行っております。
また、ワークライフバランスを考慮した多様な勤務体系があるので、短時間勤務の子育て中のナースも多くおります。
スタッフ間の人間関係やコミュニケーションも良好で、働きやすい職場です。

外来スタッフは「外来は病院の顔」をモットーとし、笑顔と思いやりの心を忘れず、患者様の声に耳を傾ける事で、安心して医療を受けてい頂けるように努めています。
日々、質の高い看護が提供できる外来を目指し、努力を重ねております。
外来スタッフ

手術室 中材 主任 森本恵美子

nakazai
手術室・中材は、兼務しながら業務を行っています。手術室は、患者様が安全で安心して手術を受けられるように、各診療科の医師との連携を図りながら看護の提供を行っています。
また、術前訪問を通し、手術に対する不安が少しでも解消できるよう、患者様とのコミュニケーションを大切に取り組んでいます。
中材では、外来・病棟で使用した器機類や衛生材料の洗浄・滅菌を適切に行い、安全な器材を提供しています。