看護部の体制

看護体制

3F病棟(急性期病棟)7:1

PNS(H27年2月より導入)

4F病棟(地域包括ケア病棟) 13:1

PNS (H28年7月より導入)

教育体制

自ら学ぶ姿勢と学べる環境で専門職としてキャリアアップ

当院は、チーム医療、地域医療を推進する病院の責務として人材育成に力を入れています。
クリニカルラダーシステムにより、看護師のキャリア形成を支援します。

―教育理念―
看護部理念に基づき、地域の皆様に信頼される質の高い看護を実践できる人材を育成する

―教育目標―
1.ラダーに沿った勉強会に主体的に取り組む
2.患者のQOL向上を目標として、その時々で必要な看護内容を立案、展開できる
3.医療チームの一員として協働、連携ができる調整能力を養う
4.一人ひとりが生き生きと自己表現できる職場環境を作る

勉強会

クリニカルラダーシステム

クリニカルラダーシステム

レベル 概要 対象 到達目標
レベル1 助言・指導を受けながら看護実践ができる
(チームメンバー)
卒後
1~2年
  1. 基本的看護技術が習得でき、ベッドサイドケアが的確・安全にできる
  2. 自ら院内外の研修に参加し、かつ、看護手順やマニュアル等を活用する事で、看護の知識を深める事ができる
  3. チームメンバーの役割と責任を果たす事ができる。
  4. 組織の一員として、専門職業人として自覚と責任ある行動ができる
  5. ケース・スタディを提出する
レベル2 自主的な判断で個別性を考慮した看護実践ができる
(チームリーダー)
卒後
2~4年
  1. 患者の個別性をふまえた看護展開ができる
  2. チームリーダーの役割と責任を果たす事ができる
  3. 日々の業務を円滑かつ効果的に遂行できる
  4. 新卒者や後輩に対して、指導的に関われる
  5. 看護研究活動に参加する
レベル3 リーダーシップを発揮できる
(リーダーシップ)
卒後
3~6年
  1. 患者の個別性をふまえ、かつ予測性を持った看護展開ができる
  2. チーム医療を推進する為のリーダーシップを発揮できる
  3. 新卒者や後輩に対して指導的に関われる
  4. 看護研究活動の実践や指導ができる
レベル4 主任代行ができる
(メンターシップ)
卒後
5~10年
  1. 組織の方針に基づいて師長・主任の補佐としての役割を行う
  2. 他部門、他職種との調整役となり、チーム医療の要となる
  3. 看護教育、院内研修の企画に参加し、人財育成に貢献することができる
  4. 医療経済について関心をもつ事ができる

年間教育プログラム(看護部教育計画)

e-learningプログラムの中から、ラダーに応じた内容を必須履修テーマとして挙げ、自ら学ぶ環境を整えています。
また、看護部全体での勉強会を1回/月 開催するなど、皆で学んでいく姿勢を育みます。

□レベルⅠ(新人)
新人看護職員研修ガイドライン(H.26年改訂)に沿って、達成目標を定め、1年を通じて学習できるよう計画しています。病院全体で新人を育てるという意識をもって取り組んでいます。

4月 3日、4日、5日、6日
講義・技術演習
10月 6ヶ月研修
5月 1ヶ月フォロー研修
(1ヶ月の振り返り)
11月 e-learning[基礎コース]
急変時の対応の実際
6月 e-learning[基礎コース]
褥瘡予防
12月 e-learning[基礎コース]
看護記録の書き方
7月 3ヶ月研修
(リフレクション)
1月 e-learning[基礎コース]
コミュニケーションと優先順位
8月 e-learning[基礎コース]
カテーテル関連尿路感染管理
2月 ケーススタディ提出
9月 e-learning[基礎コース]
心電図モニターとの付き合い方
3月 1年研修

□レベルⅡ

4月 e-learning[中堅コース]
呼吸器のフィジカル
アセスメント
10月 e-learning[基礎コース]
急変時の対応の実際
5月 11月 e-learning[中堅コース]
がん化学療法
6月 e-learning[中堅コース]
重症患者の早期離床
12月 e-learning[中堅コース]
不整脈の特徴
7月 1月
8月 2月
9月 e-learning[基礎コース]
心電図モニターとの付き合い方
3月

□レベルⅢ

4月 10月
5月 e-learning[中堅コース]
ラダーとキャリア開発
11月 e-learning[中堅コース]
がん化学療法
6月 e-learning[管理者コース]
病院・施設・在宅の連携
12月 e-learning[中堅コース]
不整脈の特徴
7月 1月
8月 2月
9月 e-learning[管理者コース]
医療保険と介護保険
3月 e-learning[中堅コース]
ファシリテーション

□レベルⅣ

4月 10月
5月 11月 e-learning[管理者コース]
リーダーシップ
6月 e-learning[管理者コース]
病院・施設・在宅の連携
12月 e-learning[管理者コース]
リスクマネジメント
7月 1月
8月 2月 e-learning[管理者コース]
多職種連携
9月 e-learning[管理者コース]
医療保険と介護保険
3月 e-learning[中堅コース]
ファシリテーション

□中途採用者

4月 10月 6ヶ月フォロー研修
(リフレクション)
5月 1ヶ月フォロー研修
(1ヶ月の振り返り)
11月
6月 12月
7月 3ヶ月研修
(介護保険について)
1月
8月 2月
9月 3月

□管理者(師長・主任)

4月 10月
5月 アクティブラーニング
(グループワーク)
11月
6月 12月
7月 1月
8月 2月 アクティブラーニング
(グループワーク)
9月 3月

□看護部全体

4月 接遇の基本
感染対策
10月 人工呼吸器
5月 看護必要度
医療安全
11月 災害看護
感染対策
6月 認知症
感染対策
12月 退院支援
7月 急変時の対応について
医療安全
1月 看護研修発表
8月 褥瘡 2月 看護研修発表
9月 下部内視鏡における前処置の重要性 3月 看護研修発表

院内勉強会スケジュール

病院全体の質の向上のために1回/月、院内全体での勉強会を開催しています。

4月 うつらない、うつさないための感染対策の基礎知識
5月 医療安全の考え方 ~医療安全文化醸成のために~
6月 職業感染対策の具体的な方法 ~事例をふまえた針刺し切創対策~
7月 医療機関における5S活動を知る
8月 薬局(抗菌薬の適正使用について)
9月 放射線(医療被曝について)
10月 検査(輸血について)
11月 インフルエンザ対策(Up to date)
12月 外科医師
1月 整形外科医師(慢性関節リウマチについて)
2月 リハビリ(人口膝関節術後リハビリについて)
3月 栄養(治療食の実際)

各種委員会

  • 褥瘡対策委員会
  • 院内感染防止委員会
  • 医療安全管理委員会
  • 教育委員会
  • 記録・IT検討委員会
  • コンチネンスサポート委員会
  • C.S.向上委員会
  • 栄養委員会