平成29年度 こだま病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 12 17 24 28 68 137 288 455 229
当院の平成29年における退院患者の平均年齢は78.4歳でした。昨年よりも1.7歳上昇し、60歳以上の患者さまが全体の約88%を占めており、今後も高齢化が進むと思われます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。):内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術,定義副傷病なし 16 2.06 2.68 0.00% 70.94
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎:手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 12 28.17 20.83 2.38% 83.33
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9 31.00 9.16 0.00% 86.78
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上):手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 8 21.25 18.48 0.00% 86.13
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上):手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし,A-DROP スコア1 7 23.57 13.51 0.00% 83.14
内科では昨年同様、肺疾患の患者さまが最も多く、平均年齢も80代と高くなっております。昨年2番目に多かった腎臓系の疾病は減少している一方、小腸大腸の良性疾患及び体液量減少症は昨年に引き続き上位となっている。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。):内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術,定義副傷病なし 122 2.97 2.68 0.00% 69.62
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2なし 28 5.68 5.50 0.00% 47.14
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患):手術なし,手術・処置等1なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 27 8.93 7.39 3.45% 74.96
050140xx99x00x 高血圧性疾患:手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 26 36.96 9.08 13.51% 85.73
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患:手術なし 24 9.71 7.87 4.17% 67.50
外科では昨年に引き続き消化器系疾患の患者さまが最も多く、外科全体の88%を占めており、その内、大腸ポリープ切除が61%を占めております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折:人工骨頭挿入術 肩、股等 29 76.72 27.09 16.67% 87.34
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。):人工関節再置換術等 21 47.14 25.09 4.76% 77.05
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。):手術なし,定義副傷病なし 16 41.94 19.94 4.76% 80.50
160980xx99x0xx 骨盤損傷:手術なし,手術・処置等2なし 4 50.25 19.97 25.00% 89.00
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症:手術あり,手術・処置等2なし 4 35.75 15.25 40.00% 70.00
整形外科では昨年同様、大腿骨近位部骨折等の手術目的の入院症例が多く、次いで膝関節置換術等の症例が多くなっております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症:手術なし,定義副傷病なし 27 9.67 12.34 0.00% 81.37
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 10 6.90 7.64 10.00% 72.90
110070xx0200xx 膀胱腫瘍:膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術,手術・処置等1なし,手術・処置等2なし 8 4.88 7.31 0.00% 74.50
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患:手術なし 5 5.00 8.94 0.00% 57.00
110320xx97xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他):その他の手術あり 4 13.25 12.69 0.00% 80.50
昨年2番目に多かった腎臓または尿路の感染症がトップとなった。また、平均年齢も昨年は他の診療科に比べ低かったが、本年は高齢の患者さまが増加傾向にある。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全:手術なし,手術・処置等1なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 10 18.70 17.71 3.23% 85.60
050140xx99x00x 高血圧性疾患:手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 8 5.25 9.08 0.00% 77.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎:手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 7 32.14 20.83 4.76% 77.86
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2なし 5 5.20 5.50 0.00% 74.40
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上):手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし 5 8.80 18.48 0.00% 88.20
症例数では心不全が多く、次いで高血圧性疾患の症例数が多くなっている一方、平均年齢は、昨年に比べ約10歳低くなっている。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 2 2 - - 1 1 7
大腸癌 1 - 3 1 1 6 2 7
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - 1 - 2 1 1 7
肝癌 - - - - 1 1 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では内視鏡検査を積極的に行い、消化器系癌の早期発見に繋がっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 8.40 56.50
中等症 32 18.38 84.70
重症 3 11.67 93.00
超重症 - - -
不明 - - -
中等症の症例が半数以上を占めており、軽症に比べ平均年齢も約30歳近く上昇しており、高齢化と共に重症の患者数も増加する傾向にある。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 6 34.00 82.50 0.00%
その他 5 11.00 80.75 60.00%
昨年9例あったTIAの症例がなく脳梗塞の症例数が2倍に増加している。転院率も33%と高く、専門的治療を必要とする症例が高くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 9 0.11 0.89 0.00% 66.56
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 8 0.13 0.88 0.00% 73.38
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 2 24.50 43.50 7.14% 80.50
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 1 2.00 20.00 0.00% 82.00
K681 胆嚢外瘻造設術 1 1.00 37.00 0.00% 91.00
昨年同様、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の症例が大半を占めております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 96 0.66 1.67 0.95% 70.49
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 39 0.44 1.95 0.00% 70.31
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 16 0.69 5.81 0.00% 62.69
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 15 5.00 1.80 73.33% 81.67
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 14 0.86 10.07 0.00% 79.21
創傷処理、皮膚切開術等の軽微な手術は除外しております。消化器系の手術が圧倒的に多く、中でも患者さまの身体的負担の少ない腹腔鏡下手術の件数の割合が高くなっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 28 2.29 42.89 3.57% 77.04
K0461 骨折観血的手術(大腿) 25 6.52 64.08 19.23% 86.52
K0811 人工骨頭挿入術(股) 9 6.00 63.44 10.00% 87.67
K0732 関節内骨折観血的手術(足) 5 2.60 20.80 0.00% 63.80
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 2 2.00 5.00 50.00% 65.00
昨年同様、高齢者に多い大腿骨骨折、変形性膝関節症等の人工骨頭挿入術、骨折観血的手術、人工関節置換術が大半を占めております。平均年齢も昨年と比べ3歳上昇しております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除術 その他のもの 13 2.38 7.00 7.69% 72.15
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 8 0.50 3.38 0.00% 74.50
K797 膀胱内凝血除去術 5 0.00 28.00 20.00% 83.00
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 4 1.75 14.25 14.29% 87.00
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 3 0.33 30.33 66.67% 90.00
グリーンライトレーザーによる経尿道的レーザー前立腺切除術を中心に、膀胱悪性腫瘍手術、経尿道的尿管ステント留置術を行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 2 25.50 49.00 14.29% 81.50
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 1 0.00 14.00 0.00% 88.00
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
心疾患のある患者さまの胃瘻増設術2症例、経尿道的尿管ステント留置術1例の術中、術後のフォローを行った。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.08%
異なる - -
180010 敗血症 同一 2 0.16%
異なる 7 0.55%
180035 その他の真菌感染症 同一 3 0.23%
異なる 1 0.08%
180040 手術・処置等の合併症 同一 5 0.39%
異なる - -
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロになり得ないが、少しでも改善すべきものとして、入院契機病名(入院のきっかけとなった病名)との同一性の有無を区別して症例数と発生率を出しております。
更新履歴