整形外科

診療内容

地域に根付いた地域医療を大切に、外傷、変形性関節症、腰痛症、リウマチなど幅広い診療を心がけています。当科の特徴は、リウマチ・関節外科と脊椎外科の専門医が常勤しており、関節リウマチの最先端の生物学的製剤治療や関節手術を行っております。
代表的な膝・股関節をはじめ、手指や足趾の変形の変形を矯正する手術を行っており、多くの患者さまを長年の苦痛から解放しております。
また高齢者の多くが悩んでいる腰痛に関して専門医による懇切丁寧な病状説明やリハビリテーションを受けることが出来ます。

変形性膝関節症や関節リウマチにおける人工関節置換術は、関節機能を回復させるための治療法として確立された手術の一つになっています。
さらに最近では、患者さんへの負担をより少なくする低侵襲による人工膝関節置換術(MIS)という技術が、人工膝関節において飛躍的な発展をとげています。
MISでは、標準的な方法で行った場合に比べて、手術創が小さい、回復期間が短い、痛みが少ないという長所があります。
当院では最新の骨密度測定装置を導入し、骨粗鬆症診療にも積極的に行っております。

また開放型MRI装置を新機種に変更しました。整形外科領域で、MRIが診断に有用である疾患は、頚椎・胸椎・腰椎のヘルニア、脊髄腫瘍、骨軟部腫瘍、骨壊死、関節の靭帯損傷、半月板損傷などがあります。
レントゲンでは描出されない椎間板の突出による脊柱管の狭小化を確認でき、脊柱管狭窄症の診断を確定したり、レントゲンでは描出できない骨壊死を確認でき原因不明の膝関節痛を解明できたりします。
レントゲンやCTで確定診断がつかない場合は、軟部組織の描出に優れたMRIにて精査することお勧めします。
困ったことや気になることがあれば、お気軽に受診して下さい。
整形外科イメージ

人工膝関節置換術動画

人工膝関節置換術をおこなった患者様の術前と術後の歩行状況の改善

対象となる疾患

  • 変性疾患(変形性脊椎症、変形性膝関節症、変形性股関節症、側弯症)
  • 骨折(四肢の骨折、脊椎圧迫骨折、骨盤骨折)
  • 代謝性疾患(骨粗鬆症、痛風)
  • 炎症性疾患(関節リウマチ、偽痛風、ばね指、肩関節周囲炎、テニス肘)
  • 腫瘍性疾患(四肢の腫瘍、脊椎腫瘍)
  • 術後のリハビリテーションを要する疾患など整形外科に関する疾患。

手術件数

orthopedics_1

診療時間と担当医

こだま病院
午前診 9:00~12:00 藤井 上田 藤井 玉城 藤井 藤井
児玉診療所
午前診 9:00~12:00 上田 藤井 上田
第2週は
10:30~12:00
上田 上田
夜診 17:00~19:00 上田

腰痛

腰痛の症状と対処

腰痛といっても急性期腰痛(発症から4週間未満)、亜急性腰痛(発症から4週間以上3カ月未満)、慢性腰痛(発症からの期間が3カ月以上)と症状が続く期間により分けられます。
まず、急性期の腰痛に関しては下肢症状(下肢痛、しびれ、マヒ等)があれば、痛み止め・ブロック注射を行います。改善しなければ、腰椎間板ヘルニアは手術治療になることがあります。下肢症状のない腰痛単独では整復術・痛み止め・安静・ブロック注射等で対応していきます。
やはり問題となるのが慢性腰痛であり、腰椎間板疾患により不安定性があったり、腰椎分離症といって腰椎の一部の骨が途切れているような明確な原因がある場合で、保存的治療が効かない場合に腰椎固定術を行いますが、それ以外の変形性が中心で骨粗しょう症による圧迫骨折(急性)がない場合、日本脊椎脊髄病学会では腰痛体操を推奨しています。
それに伴い、それいゆ会 こだま病院・児玉診療所では、複数の理学療法士が在籍し、慢性腰痛に対しても積極的に下記の腰痛体操の指導を行っております。慢性腰痛にお困りの方は一度、病院・診療所でご相談ください。

運動器慢性痛への対処

下部腰椎のストレスを減らすためには、腰椎の前湾と骨盤の前傾の増強を改善することが重要で、腹筋の強化、骨盤の後傾、股関節屈筋と腰背筋のストレッチングを指導します。
ストレッチング

こだま病院ではリハビリテーション科を併設しています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

上田 孝文(うえだ たかふみ)統括診療部長

dr_takafumi_ueda

診療科

整形外科

専門分野

骨・軟部腫瘍、運動器疾患一般

プロフィール

北海道大学卒業(1982年)
大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了(1989年)
関西医科大学非常勤講師(整形外科)

資格
日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本リウマチ財団リウマチ登録医
日本がん治療認定医機構暫定教育医

所属学会
日本整形外科学会 (JOA)、日本癌学会 (JCA)、
日本癌治療学会 (JSCO)、
中部日本整形外科災害外科学会 (CJAOST)評議員、
日本リウマチ学会 (JCR)、
日本サルコーマ治療研究学会(JSTAR)副理事長、
American Society of Clinical Oncology (ASCO),
International Society of Limb Salvage (ISOLS)
Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society (APMSTS)
Connective Tissue Oncology Society (CTOS)

趣味

旅行、ドライブ、読書

メッセージ

運動器の腫瘍(骨・軟部腫瘍やがんの骨転移など)が専門ですが、肩こりや腰痛・関節痛などの一般的な運動器疾患についても幅広く診療しておりますので、お気軽に受診いただければ、最適の治療法を行うよう心掛けております。
また、より専門性の高い運動器疾患の場合には、専門施設へも適宜ご紹介させていただきます。

藤井 昌一(ふじい まさかず)整形外科部長

dr_masakazu_fujii

診療科

整形外科 リウマチ科

専門分野

リウマチ関節外科
人工関節

プロフィール

山口大学 医学部卒業
大阪大学整形外科入局
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
社会人アメリカンフットボールチームドクター

趣味

スポーツ(ゴルフ、テニス)

メッセージ

関連病院で多くの関節リウマチや変形性膝関節症の患者さまを治療してきました。
そのような疾患でお悩みの方は是非ご相談ください。

玉城 雅史(たまき まさし)

dr_tamaki

診療科

整形外科

専門分野

膝関節外科
関節リウマチ
リハビリテーション

プロフィール

徳島大学 医学部卒業
大阪大学大学院医学系研究科卒業(医学博士)
日本整形外科学会認定専門医
日本リウマチ学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
日本人工関節学会認定認定医

趣味

旅行、子供と遊ぶこと

メッセージ

整形外科・運動器に関するお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。