海水魚の話            8.4UP

熱帯魚と海水魚を飼っていましたが、熱帯魚はやり尽くした感があり、自然へと帰し・・・!?
もとい、正規なルートで手放しました。

今では海水魚一本ですが、熱帯魚と比べると断然難しい・・・

海水を作るには専用の塩を混ぜるだけで完了ですが、後のメンテナンスが大事。
サンゴやイソギンチャクを入れるなら硝酸塩やらバクテリアやら光量など・・・

基本水替え週1回程度、半分か三分の一程度交換が必要、でないと最終形態毒素硝酸塩がたまります。硝酸塩は魚もそうですが、イソギンやサンゴも苦手。

ネットで調べたら、100%の本みりんが効くとの内容があり、現在試し中。
入れすぎ注意なので自己責任で!
私は60cm水槽で毎日30㎖程度投入しています。
プロセスは硝酸塩を分解するバクテリアが本みりんを餌として増えます。
そして硝酸塩を分解し水槽にたまった硝酸塩を除去し、毒素一切なしとの内容。

入れすぎ注意なのは、バクテリアが増えすぎで酸素スースー、魚、サンゴ、イソギンはゼーハーゼーハーして☆になります。

余談ですが、次回はプログラミングについて!

以上です。62a89165affd90c76473ecf113f624f7

医事課 K