馬上太子像            5.16up

こだま病院の最寄り駅はJR宝塚駅ですが、隣には中山観音でお馴染みのJR中山寺駅があります。

JR中山寺駅北口のバスロータリーには、ある銅像が建っています。

弓を持った人が馬に跨っている像で、一目見たときはどこかの武将かと思ったのですが、台座には「馬上太子像」と彫ってあります。

気になって調べてみると、それは武将ではなく聖徳太子の銅像でした。

聖徳太子がその昔、「紫雲(仏が乗って来迎する雲)たなびく山を探し」宝塚まで訪れ中山寺を創建したと伝えられており、その際に馬を休息させた地であるそうです。

中山寺から少し離れた駅前にもこのように歴史を感じるスポットがあることを知り、とても嬉しく感慨深い思いがしました。

ちなみに本来の「馬上太子像」は中山寺のさらに山奥にある奥の院にあります。駅前のものは2013年に創られたレプリカで、奥の院の「馬上太子像」を眺めている様な向きで設置されているそうです。

もしJR中山寺駅に立ち寄られる際は、駅前にあるレプリカの「馬上太子像」と、少し足をのばして奥の院にある「馬上太子像」とを見比べてみるのも面白いかもしれません。名称未設定-1

 

検査 Y