高校にて「仕事を知ろう・社会を知ろう」講演会を行いました

兵庫県立宝塚北高校から「仕事を知ろう・社会を知ろう」というテーマで講演会の講師の依頼を頂きました。

日時:2019年3月5日AM 1講座50分間を2回

場所:宝塚北高校各教室

対象:1学年普通科・GS科・演劇科(319名)

定員:約10名~20名

内容:

①現在の仕事を選ばれた理由等

②仕事の内容・職業に必要な資質や資格等

③仕事をする中での喜び、悩み、苦しみ

④高校時代にしておくべきこと

⑤その他

今回の依頼職種は、管理栄養士・栄養士についてで、1回目8名、2回目15名の合計23名にお話しをしてきました。

他に医師・環境コンサルタント・建築士・技術開発①(ロケット発射場)②(新幹線等)③(流熱化学等)・薬剤師・税理士・臨床心理士・国家公務員①(財務省)②(国交省)・国際関係機関・新聞記者・弁護士・銀行員・添乗員の17職種ありました。

私は、この職種を選択した理由、「それいゆ会」に就職してどのような役割で仕事をしているか、管理栄養士・栄養士資格を取得する方法、地域社会とつながり貢献していく工夫など、写真や図を活用してできるだけ分かりやすく説明しました。最後に生徒からの質問で、「この仕事をして良かったと思うことは何ですか?」と聞かれましたので、患者様の病状が少しでも良くなるように貢献出来て、笑顔で「お食事が美味しかった」と言葉をかけてもらうことですとお答えしました。

後日、その講演に参加の学生から感想文が送られてきました。以下の通りです。

IMG_0762EPSON MFP image

濵道由美