2019 栄養ワンダー開催

今年も栄養ワンダーの開催時期となりました。
7月・8月を「栄養月間」とし、8月4日が「栄養の日」、8月1日~7日が「栄養週間」です。1

当それいゆ会グループ各施設では、先駆けて実施しています。
7月3日(水)午前には、児玉診療所にて、管理栄養士が、来院の患者様に特製の「栄養ブック」をお配りし、管理栄養士の仕事を説明しながら、各患者様に応じた食事のワンポイントアドバイスをしました。

次に、通所リハビリテーション「あけぼの」ではご利用者様に、本日のお昼の献立を例に挙げて、使用している食材の栄養価についてのお話から、エネルギーを過剰に摂りすぎると肥満、少なすぎるとやせになるので、どちらも体の組成と動きに問題が起こるので体に良くないことをお話ししました。
また、夏は水分補給を工夫して、熱中症を予防しましょうとのアドバイスもしました。2

午後は、レッヒェルン(疾病予防施設)で健康教室を開催しました。
ここではまず、管理栄養士が、「栄養の二重負荷」による栄養のとりすぎと不足についてと、これからの季節に注意すべき熱中症対策についての2つの講話を協賛商品のヨーグルト・野菜ジュースを試食試飲しながら行い、次に、健康運動実践指導者より、からだの水分量と握力測定についてのお話がありました。
からだの水分の7割は筋肉で保たれおり、筋肉がついてないと水分保持ができないので、筋力トレーニングが大事です。筋力があるかどうかを知るには全身筋力との相関が高い握力測定が有効です。そこで、今回、握力測定についての指導をしていただきました。3

7月10日には、こだま病院にて、外来の通院患者様および付添のご家族様に「栄養ワンダーブック」をお配りしながら、管理栄養士という業務を説明し、普段の食生活の相談をお受けしました。
栄養についてもっと聞きたいと言われる方には、栄養ブックの記事をお見せしながら、ワンポイントの栄養指導もいたしました。4

昨年に続き2回目の栄養ワンダー開催ですが、栄養についての興味が高まり、また「管理栄養士」の周知も出来てきているのではないかと思いました。

今後も皆様のご関心があり、身近で栄養相談のできる健康教室を開催していきたいと思います。

管理栄養士 H

2018 「栄養の日」「栄養ワンダー」にちなんで

8月4日は「栄養の日」です。この日を中心に7月2日から8月31日まで、栄養に関心を持ってもらうイベント「栄養ワンダー2018 」が全国で開催されます。
今年は、現在問題となっている若い女性の「やせ」、高齢者の「低栄養」、中年男性の「肥満」についてがテーマとなっています。

現代は、大量の栄養・健康情報に囲まれているにもかかわらず食生活を原因とする病気が増え続けています。
そこで、管理栄養士・栄養士の使命として低栄養、過栄養、偏った栄養障害の問題解決に
向けてご一緒に考え、各自の行動変容を促していく事が求められています。

それいゆ医療介護館では、7月4日にそれいゆ会グループの診療所外来に、お集まりいただいた36名の方々に管理栄養士の活動についてお話をし、栄養のワンポイントアドバイスを致しました。

通所リハビリテーション「あけぼの」では、14名の利用者さまに当日の昼食の献立説明と使用食材の栄養価、夏野菜の効能、水分補給についてのお話をさせて頂きました。

午後からは、レッヒェルン(疾病予防運動施設)で健康教室を開催致しました。
20名の参加者があり、夏の栄養と水分補給についての講話を管理栄養士が行い、続いて、健康運動実践指導者より、簡単に出来る足裏マッサージの指導がありました。

参加者の皆さまに大変喜んで頂き、大盛況で来月も行ってほしいとの声も上がりました。
次の機会に他のテーマを募集して、行いたいとも思っておりますので、宜しくお願い致します。

名称未設定-1

2018年7月