薬剤部

基本方針

薬によりつよく、患者さんによりやさしい薬剤部を目指しています。
※「診療報酬改定に思う」ブログもご一読下さい。

ご案内

薬剤部イメージ
現在、医療における治療手段の中で、薬物治療の比重はきわめて大きくなっており、患者さんのすぐそばで薬剤師の力を生かすことが求められています
当院の薬剤部では、医療チームの一員として患者さんに安心安全の薬物療法が提供できるよう常に努力しています。
医療現場において薬剤師がどのように薬と関与しているか、当院の薬剤部の主な仕事をご紹介します。

おもな薬剤師の業務

  • 患者さんへの薬に関する説明(服用の目的、服用に際しての注意事項等)
  • 飲み薬や注射薬が使用されている患者さんの体の状態を把握(検査結果等の確認)
  • 薬の安全に関する最新情報の提供
  • 医師、看護師等からの薬に関する質問への対応
  • 持参薬の確認
  • 使用に注意が必要な薬(ハイリスク薬)の患者さんへの説明
  • 医薬品の供給と品質管理

1.外来・入院調剤

いろいろな診療科から同じお薬が重複して処方されていないか、飲み合わせの悪いお薬がないかなどのチェックを行ない、薬剤部内で印刷発行された処方箋に基づき調剤をします。
お薬をきちんと飲んでいただけるよう、また、お渡しするお薬について理解していただけるよう、調剤や説明をいろいろ工夫しております。
患者さん用の説明書やパンフレット、お薬手帳を用意していますので、お気軽に声をかけてください。
お薬手帳はとても重要な情報源となりますので、お持ちのかたは忘れずにお持ちください。

2.服薬指導

服薬指導
初めて飲む薬の効果・飲み方、副作用、その対処方法の説明、吸入薬の使い方の指導、相互作用(薬の飲み合わせ)、注意事項などについてきちんとお伝えすることで、患者さんの薬への不安や疑問をなくし安心して服薬できるように心がけています。
患者さんの声に耳を傾け、医師や看護師と連携を図るよう努めております。
使用に注意が必要な薬(ハイリスク薬)の管理や、入院時にお手持ちのお薬の内容を調べ報告書として作成するなど、入院後の薬物治療の支援を行っています。
お薬手帳はとても重要な情報源となりますので、お持ちのかたは忘れずにお持ちください。

3.研修

スタッフ同士の文献の読み合わせや、メーカーによる薬剤紹介などを定期的に行い、少しずつ力を蓄え中です。
毎月新しい薬剤情報を調剤薬局などへ提供し、コミュニケーションを図っています。