内視鏡検査 経口

口からの内視鏡の特徴
1)苦痛を最小限にするために鎮静剤の点滴を致します。(傾眠状態を促します。)

検査の進め方

Step1【問診】危険を避けるための事前チェックです

 こんな事をお聞きします。
 ・糖尿病の薬は服用していますか?
 ・前立腺肥大・緑内障・心疾患の既往がありますか?
 ・血液をサラサラにする薬を飲んでいますか?
 ・鎮静剤を使用するため、車でのご来院は避けていただきます。

Step2【前処置】消泡剤を飲みます

胃の中の泡を取り除き、胃の壁をきれいにするために、消泡剤(白い液体です。)を飲みます。

Step3【前処置】鎮静剤を使用するために血管確保をします。

腕に針を刺入し検査が終わるまで留置しておきます。
 (採血がある時は、一回で済むようにその留置針から取ります)

Step4【前処置】喉に麻酔のスプレーをします。(苦めです。)

ファイバーを通すときに苦痛を最小限にするために行います。その後マウスピースを
くわえてもらいます。

Step5【検査】経口から内視鏡を通します。

この時には鎮静剤によって傾眠状態で内視鏡を挿入します。

Step6【検査】胃の中をみます。

食道・胃・十二指腸の順に観察していきます。ピロリ菌検査・ポリープがあれば組織を取ります。

Step7 検査が終わったら

眠くなる麻酔を使用しているので、当院では検査後1時間以上は休んでいただきます。
また生検をした場合、2時間は飲水・食事ができません。