先輩からのメッセージ

3F病棟 福野加奈子

fukuno
3階病棟は急性期の病棟です。超高齢化社会であり、100歳を超えた患者様もめずらしくありません。急性期の状態だけではなく認知症も絡んでおり、看護も複雑化してきています。私たち病棟スタッフは少しでも認知症が進まないように、できるだけ早く自宅や施設に帰れるように取り組んでいます。PNSなので看護の方向性など相談しながら看護の展開ができます。

私は入職して6年が経ちました。これだけ長く勤められるのは病棟の雰囲気が良い事とワークライフバランスがとれているからです。勤務の終わりには、同法人内にあるレッヒェルンというボクシングジムで汗を流しリフレッシュしています。
一緒に働いて、良い汗を流しましょう。

3F病棟 德田清美

tokuda

私は3階病棟に勤務して4年目です。3階病棟は、消化器外科、内科、整形外科、泌尿器科と様々な疾患の患者様がいます。私自身脳外科、神経内科での経験しかなく、不安はありましたが、新しい分野で知識と技術、看護を学ぶ事ができ看護師としての成長に繋がっています。また、3階病棟ではPNSを導入しており、パートナーとなった看護師と看護や処置について確認・相談し、日々のケアを行っています。

パートナー間で解決できない疑問や不安などは、師長、先輩看護師のサポートが充実しており、すぐに相談できる環境・雰囲気です。人間関係もよく、活気があり働きやすい病棟です。

3F病棟 永松実咲

nagamastu

入職して2カ月が経ちました。初めての転職でとても緊張していましたが、病棟師長をはじめスタッフのみなさまが優しく丁寧に教えて下さり、環境の変化にも少しずつ慣れ、安心して働くことが出来ています。
私が勤務する3階の急性期病棟は、消化器外科・整形外科・泌尿器科・内科と様々な疾患を持った患者様が入院しておられます。私は、以前消化器外科・内科の病棟で勤務していたため、整形外科の経験がなく不安に思っていました。しかし、当院ではPNS制度を導入しており、分からないことや不安に思うことがあれば、すぐに相談できる環境にあるため、日々安心して業務に取り組むことができています。

また、当院は地域に密着した病院であり、今まで私が学んできた看護の視点とはまた違った視点での看護に触れることができ、日々楽しく働くことができています。
まだまだ未熟な部分は多いですが、日々自己研鑽し、様々な看護に触れ、看護師として成長できるよう努力していきたいと思います。そして、患者様に質の高い看護を提供していきたいと思います。

4F病棟 水流添未里

turuzoe

当院に入職してから約1年半が経ちました。
入職当初、初めての転職でもあり人間関係など職場になじめるか不安がありましたが、配属になった病棟の雰囲気もアットホームな感じであり、分からないことがあれば先輩看護師より丁寧に指導頂き病棟になじむことが出来ました。

私が配属されたのは地域包括ケア病棟で、急性期治療後の病状が安定した患者様の在宅や施設への復帰に向けて支援をしていきます。
他職種とのカンファレンスで個々の患者様の状態を共有し、援助しています。
患者様が日々を安全・安楽に過ごせるように業務に取り組んでいます。
院内勉強会も定期的に開催され、またe-ラーニングによる自宅学習も出来る為、自己のスキルアップになっています。
これからも、患者様に質の高い看護を提供していけるよう、頑張りたいと思います。

外来 中村いつか

nakamura

私は育児休暇明け直ぐに、引越しのため当院へ転職する事になりました。緊急入院が多く、多忙な毎日ですが、協力体制が確立しており、ほぼ残業なく帰宅することが出来ています。そして、まだ子供が1歳になったばかりで急な発熱などでお休みを頂くことがあるのですが、上司・スタッフ共に理解ある対応をしていただけているので私も夫もとても助かっています。

スタッフの年齢層は様々で、経験も様々ですが、苦手分野を補い合い、得意分野を生かし働くことができており学びのある充実した日々を過ごすことができています。院内の勉強会も定期的に行われていますが、勤務内にあるので働くママでも積極的に参加することが出来ています。スタッフの人間関係も良く、育児の相談もでき、プライベートな面でも助けてもらうことが多々あります。
恵まれた環境で、これからも自己研鑽し、質の高い看護が提供できるように努めて行きたいと思います。

外来 中村いつか・森山美佳

moriyama-okuno
私たち外来では、外来受診という限られた時間の中で最初に接触する医療従事者である事を認識し、患者様が安心して医療を受けられるよう寄り添う事を大切にしています。

経験豊富なスタッフが多く、人間関係も和やかで、何か困った時には他のスタッフに声掛けができ、明るく働きやすい職場です。
また、院内・院外研修にも力を入れており、常に知識や技術を学べ、自分自身新たなスキルアップを目指すことができます。

これからも質の高い看護を提供できるよう、頑張りたいと思います。

ナースアシスタント 石田景子・内園紀子

assistant
私たちは入院患者様の身の回りのお世話を中心に、食事介助、入浴介助、排泄介助、環境整備、その他いろいろな業務に携わっています。

ナースアシスタントとして必要な知識・技術・接遇を身につけるため研修を受け、患者様に安全なサービスが提供できるように励んでいます。そして、看護チームの一員としての自覚を持ち、日々の業務を医療スタッフと協力しながらおこなっています。